森を知り、森に学び、森を楽しむ

自然のために、私たちができることってなんだろう?

自然を五感で感じて、考えてみよう。

風の森学び舎について

里山に住む私たちにとって、森はとても身近な存在です。

もっと身近に、大切に守り育てていくために、まずは森を楽しんでみる。

植物や生き物に触れて、森から自然を感じることで、自然への意識が芽生え、

「自分たちは何ができるのか」

を考えるようになるのかなと、思っています。

『風の森学び舎』は、森の専門家や森に関わる人たちからお話を伺ったり、森でのアクティビティを通して五感で自然を体験し、森のことをみんなで考え実行していく活動を、地域の中へ展開していくものです。

『森の再生プロジェクト@森のイノベーションラボFUJINO』とのコラボレーションで、藤野地区内のさまざまな場所を風のように巡っていきたいと思います。

>>森の再生プロジェクトはこちら(森のイノベーションラボFUJINO WEBサイト)

最近の活動

風と水の流れる森づくり

『風の森学び舎』の活動の一つとして、2022年3月から山や森の環境改善や整備(メンテナンス)を行う『風と水の流れる森づくり』をスタート。

大地の再生 関東甲信越 の職人さんを講師に招いて、大地の再生の考え方や手法を座学と実践を通して教えていただいています。

子どもでも女性でも、小さな力でできる、森のための持続的な活動です。

森の手入れをして、森に風を通し、地面の水の流れをよくする。

里山の人たちが昔からやってきたこと、そして育ててきた森を、今とこれからにつないでいきたいと思います。

活動場所について

山主さんや地主さんからご依頼をいただいた場所にて、環境改善の作業を行っています。

今後も作業場所を増やしていきながら、地域全体の環境を良くし、未来の人たちへ繋いでいきます。

小渕地区の山(2022年2月〜)

作業を始める前の山の状態や目指す姿についてはこちら↓にまとめています。

風の森学び舎フィールド 小渕地区の山について

ここは山の谷間にあり、昔は田んぼが営まれていました。 山の水を上流から下流へ通すための開渠やため池も、昔の人の手で作られていましたが、山の担い手不足や高齢化によ…

環境整備の活動を始める前に現地を視察しました。当時(Before)の状況はこちら↓をご覧ください。

森の再生活動@藤野のフィールドワークを行いました

2021年末から準備を進めてきました、藤野での森の再生活動。 2月13日(日)、数日前に降った雪もある程度とけ、当初懸念された雪予報も曇り予報に変わったため、地主さんと…

ふじのマレットゴルフ場(2022年9月〜)

長年の利用で弱ったコース全体の整備を地域の人たちとともに進めていくプロジェクトです。

9月23日(祝)講座 風の森学び舎〜ふじのマレットゴルフ場の環境整備

ふじのマレットゴルフ場は、相模湖インターチェンジから車で5分、38,138㎡の広大な斜面地に造られたマレットゴルフ場です。 オープン以降、地域内外から多くの人が訪れ、…

環境整備、初回の講座内容をこちら↓のレポートでご覧ください。

【レポート】9月23日(祝) 風の森学び舎〜ふじのマレットゴルフ場の環境整備

前日から降り続く雨により開催が危ぶまれましたが、昼間は曇りになるとの予報を信じて予定通り実施しました。 9時から事務所内で座学をスタートして10時過ぎから作業へ移…

講座や作業スケジュール

2023年以降の予定は、決まり次第こちらのWEBサイトやSNSでお知らせいたします。

お手入れにお困りの山や空き地があればご相談ください

手入れができずに放置されている山や森、空き地があれば『気候変動の藤野学』事務局(info@fujinogaku.net)までお気軽にご連絡ください。